2007年08月02日

東洋医学も勧める豆腐

主食やおかずを豆腐で代替する「豆腐ダイエット」。
前回は豆腐ダイエットがどのように効くのかをお話しました。
では薬膳・東洋医学的にみた場合に、豆腐という食材には
どんな特徴があるのでしょうか?

東洋医学では個人の体質に「気血両虚」「食積痰湿」など
さまざまなタイプがあり、しかもタイプ別に必要な食材が異なります。
あるタイプには効果的な食材も、違うタイプにとってはかえって良くない場合もあるのです。

ところが豆腐は、性質が穏やかで殆どのタイプに適応できます。
胃腸を保養して気の巡りを良くし、老廃物を排泄するのを助けます。


ただし「陽虚」といって

・冷え症 ・体がだるい ・声に力がない
・食欲不振 ・気力が乏しい・尿が少ない

という症状をお持ちの方の場合は、タンパク質が腎臓の負担になったり
下痢しやすくなるので控えめにとのこと。
心当たりのある方は、豆腐ダイエットをするにあたり
東洋医学を扱う病院で相談することをお奨めします。
同様に痛風・腎炎の疑いのある方もお医者様に相談して下さい。


 参考: 東方栄養新書


≪豆腐レシピ≫

・豆腐のスタミナ風


材料(2人分)
 焼き豆腐 1/2丁
 ニラ 1/2袋
 サラダ油、醤油
 タレ[炒りごま 大さじ1/2 醤油 大さじ1/2 酢 小さじ1 豆板醤 小さじ1/2]
 ※ お好みでタレにごま油少々を加えても風味が増します

1.豆腐は厚さ5mmで食べやすい大きさに切る
2.フライパンに油を薄く敷き、中火で豆腐の両面をさっと焼く
3.ニラは熱湯で湯がいて3cm程度に切り、醤油小さじ1/2を絡める
4.ニラの上に豆腐を盛り付け、タレをまんべんなくかけたら完成


≪お役立ち食品≫

・おぼろどうふ「マブ」 (男前豆腐店)


「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」で大ヒットした男前豆腐店の新商品です。
そのまま食べて良し、鰹節と醤油の王道パターンも良し、キムチと和えて良し。
プチトマトや刻んだオクラを混ぜてサラダ風にもイケます。
もちろん濃厚かつクリーミーな「ジョニー」も豆腐ダイエットの強ーい味方です。


posted by 豆腐ダイエット at 12:12| 豆腐ダイエット