2007年08月03日

どっちの豆腐ダイエット?


主食やおかずを豆腐で代替する「豆腐ダイエット」。
でも主食とおかず、どちらを豆腐にしたら
より効果的なダイエットができるでしょうか?

それは体のタイプによって変わってきます。
日本人が太る場合は、リンゴ型洋ナシ型 の2パターンに分かれるのですが
日本人は大抵どちらかの肥満になりやすい遺伝子を持っていると言われています。


● リンゴ型・・・ 上半身からお腹にかけて脂肪が付くタイプ

  ぽっこりお腹とがっちりした体格が特徴。
  糖の代謝が苦手なタイプですので、炭水化物を控えましょう。
  ご飯など 主食を替える豆腐ダイエット がオススメ。
  ジョギングやエアロビなど有酸素運動と組み合わせれば効果的です。


● 洋ナシ型・・・ おしりや太ももに脂肪が付くタイプ

  「下半身太り」と呼ばれ、女性に多くみられるタイプです。
  脂肪の代謝が苦手ですので、脂の多いおかずを減らし主食を中心に。
  お肉などの おかずを替える豆腐ダイエット がオススメ。
  階段の昇降など下半身に負荷をかける運動を取り入れて。


体質に合わせ、効果的な豆腐ダイエット法を選びましょう。



≪豆腐レシピ≫

・鳴門豆腐


材料(2人分)
 豆腐 1丁
 乾燥わかめ ひとつまみ
 白ネギ 5cm程度
 鰹節 1/2パック(1.5g程度)
 おろし生姜、麺つゆ、みりん、片栗粉

1.豆腐をキッチンペーパーに包んで重しを乗せ水を抜く
2.ワカメは水で戻して刻んでおく
3.豆腐を裏ごししてワカメを混ぜる
4.型に入れて蒸し器で15分程度蒸す
5.麺つゆ1/2カップとみりん大さじ1を小鍋に煮立て、片栗粉でとろみをつける
6.豆腐を型から出して5.のあんをかけ、刻みネギと生姜、鰹節を乗せて完成


≪お役立ち食品≫

・ゆば乳のおさしみ (紀文)


筒状に固めたゆば乳を、刺身のようにスライスして頂きます。
200g¥120と湯葉に比べれば圧倒的にお買い得、
濃厚な大豆の風味と食感が魅力の一品です。
そのまま食べても美味しいけれど、山葵醤油をつけるのが一番オススメ。

posted by 豆腐ダイエット at 11:22| 豆腐ダイエット