2007年08月22日

豆腐ダイエットの注意点

低カロリー・高たんぱくの豆腐を毎日食べることで
カロリーを抑え痩せやすい体作りをする豆腐ダイエット。
今回は豆腐ダイエットを行うにあたって
栄養学的注意点を述べさせていただきます。

「畑の肉」と呼ばれる豆から作られた豆腐は
その通り肉と野菜の中間的栄養素を持っています。
良質たんぱく質と植物性油脂をたっぷりと含み
ビタミンB1・B2、ビタミンE、ナイアシンと
カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルも豊富。

ですが、特におかずを代替する豆腐ダイエットをしている方に注意報、
ビタミンAとビタミンC、そして鉄分が不足気味に。
特に鉄分不足は深刻で、豆腐ダイエットをしている女性に
生理不順や貧血といった症状が出やすいようです。
豆腐ダイエット中はサプリメントを利用している人もいます。

足りない栄養素を補える食品を合わせたり、別途摂るなどして
健康を損ねないように注意したいもの。
そこでビタミンA/C、鉄分を含む食材をご紹介します。

ビタミンAはニンジンやカボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜に、
ビタミンCは玉ねぎや大根、いも類に多く含まれます。
特に小松菜、春菊、ほうれん草など葉物の緑黄色野菜
ビタミンA/Cともに豊富ですので、お浸しなどにして毎日食べるのをお奨めします。

鉄分を多く含む食材は、ひじき・プルーンなどが有名。
レバーや肉にも含まれますが、ダイエット中はなるべく避けたいですよね。
ほうれん草や小松菜も鉄分豊富な野菜として知られていますが
特に体に吸収されやすいヘム鉄を多く含む
魚介類はコンスタントに摂るようにしたいものです。

またトマトはビタミンA/C、鉄分をバランスよく含んでいて
ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど。
ちなみにトマトよりもプチトマトの方が栄養価は高いようです。
生で冷やしトマトやサラダにして、加熱してソースにしたり
トマトジュースやスープにしても美味しく摂取できます。
積極的に食べたい食材です。



≪豆腐レシピ≫

・からし豆腐


材料(2人分)
 豆腐 1丁
 卵白 1/2個分
 溶き辛子 小さじ1(好みで加減)
 麺つゆ、もみ海苔

1.水気を軽く切った豆腐をすり鉢で潰す
2.湯呑み2個(人数分)にガーゼを1枚ずつ敷く
3.豆腐の半量を湯呑みに流し込み、辛子を落とす
4.残りの豆腐を流し込んでガーゼで包む
5.蒸し器に並べて10分程度蒸す
6.ガーゼごと取り出して冷水で冷ます
7.器にもり、麺つゆともみ海苔をかける



≪お役立ち食品≫

・できたて風味豆腐(タカノフーズ)


国産大豆を使用して作った安心のお豆腐。
使いやすいツインパックになっているのも嬉しいところです。
そのまま食べても美味しいけれど、レンジでチンするだけで
より甘みが引き立ち、ふるふるとした出来たての食感に。
ホームページでできたて豆腐を美味しく食べるひと工夫も紹介されています。




posted by 豆腐ダイエット at 14:10| 豆腐ダイエット